特定商取引法とは?怪しい案件に注意しましょう

特定商取引法

についてです!

良案件に出会う為にもしっかりと押さえたいポイントですよね!

特定商取引法の内容

エンカウンター(ENCOUNTER)

特定商取引法は、事業者による違法・悪質な勧誘行為等を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

具体的には、訪問販売や通信販売等の消費者トラブルを生じやすい取引類型を対象に、事業者が守るべきルールと、クーリング・オフ等の消費者を守るルール等を定めています。

特定商取引法の対象

・訪問販売

事業者が消費者の自宅に訪問して、商品や権利の販売又は役務の提供を行う契約をする取引の事。 キャッチセールス、アポイントメントセールスを含みます。

・通信販売

事業者が新聞、雑誌、インターネット等で広告し、郵便、電話等の通信手段により申込みを受ける取引のこと。 「電話勧誘販売」に該当するものを除きます。

・電話勧誘販売

事業者が電話で勧誘を行い、申込みを受ける取引のこと。 電話をいったん切った後、消費者が郵便や電話等によって申込みを行う場合にも該当します。

・連鎖販売取引

個人を販売員として勧誘し、更にその個人に次の販売員の勧誘をさせるかたちで、販売組織を連鎖的に拡大して行う商品・役務の取引のこと。

・特定継続的役務提供

長期・継続的な役務の提供と、これに対する高額の対価を約する取引のこと。 現在、エステティックサロン、語学教室など7つの役務が対象とされています。

・業務提供誘引販売取引

「仕事を提供するので収入が得られる」という口実で消費者を誘引し、仕事に必要であるとして、商品等を売って金銭負担を負わせる取引のこと。

・訪問購入

事業者が消費者の自宅等を訪問して、物品の購入を行う取引のこと。

特定商取引法の概要

(1) 行政規制

特定商取引法では、事業者に対して、消費者への適正な情報提供等の観点から、各取引類型の特性に応じて、以下のような規制を行っています。特定商取引法の違反行為は、業務改善の指示や業務停止命令・業務禁止命令の行政処分、または罰則の対象となります。

・氏名等の明示の義務付け

特定商取引法は、事業者に対して、勧誘開始前に事業者名や勧誘目的であることなどを消費者に告げるように義務付けています。

・不当な勧誘行為の禁止

特定商取引法は、価格・支払い条件等についての不実告知(虚偽の説明)又は故意に告知しないことを禁止したり、消費者を威迫して困惑させたりする勧誘行為を禁止しています。

・広告規制

特定商取引法は、事業者が広告をする際には、重要事項を表示することを義務付け、また、虚偽・誇大な広告を禁止しています。

・書面交付義務

特定商取引法は、契約締結時等に、重要事項を記載した書面を交付することを事業者に義務付けています。

(2) 民事ルール

特定商取引法は、消費者と事業者との間のトラブルを防止し、その救済を容易にするなどの機能を強化するため、消費者による契約の解除(クーリング・オフ)、取り消しなどを認め、また、事業者による法外な損害賠償請求を制限するなどのルールを定めています。

・クーリング・オフ

特定商取引法は、「クーリング・オフ」を認めています。クーリング・オフとは、申込みまたは契約の後に、法律で決められた書面を受け取ってから一定の期間(※)内に、無条件で解約することです。(※)訪問販売・電話勧誘販売・特定継続的役務提供・訪問購入においては8日間、連鎖販売取引・業務提供誘引販売取引においては20日間。通信販売には、クーリング・オフに関する規定はありません。

・意思表示の取消し

特定商取引法は、事業者が不実告知や故意の不告知を行った結果、消費者が誤認し、契約の申込みまたはその承諾の意思表示をしたときには、消費者は、その意思表示を取り消すことを認めています。

・損害賠償等の額の制限

特定商取引法は、消費者が中途解約する際等、事業者が請求できる損害賠償額に上限を設定しています。

特定商取引法で怪しい案件か見破るには?

なんだか難しい特定商取引法ですが、ネットビジネスの案件で見破る為のポイントは非常にわかりやすいです。

・会社名や電話、メールなどの情報
・ツールなら動作環境に関する詳細
・返金や費用に関すること
・個人情報の取り扱いについて

この4つは必ず確認しましょう。

基本的な会社の情報は必須項目と言えます。
代表者氏名や住所で検索してみても良いでしょう!

ソフトウェアやツール等の動作環境はとても大事です。
また、代金を支払った後に使えない事も考えられます。
返金返品は出来るのか、動作環境は正しく書かれていたのか、しっかりと確認できなければ不正です。

個人情報を第三者に提供します。と書いている案件もあります。
こういった案件はトラブルが多いのでやめた方が無難ですよね!

特定商取引法の記載はクレーマーから会社を守る為にも必要なので、しっかり書いていればある程度の信ぴょう性はあると思います。
ただし、特定商取引法が書いているから安心という判断も危険です。

色んな角度から、その副業は本当に稼げるのか、怪しくないか判断する事が重要だと思います。

200以上の案件の評価をしてきましたが、正直言って判断は難しいです。。
少しでも副業探しの参考になれば幸いです。

30名限定募集!残りわずか!

月利30%のFX自動売買ツールの無料モニター募集を開始します!

ほったらかしで毎月5万円を稼ぎだすFX自動売買ツール

この自動ツールのすごいところは

注目ポイント!
  1. 参加費無料
  2. 少ない投資資金から始めることができる(5万円)
  3. 設定サポート付き
  4. 月利30%が平均
  5. 時間を選ばず放置で運用

今後、有料化が検討されているツールが、モニター参加限定でずっと無料です!

月利30%は平均になります。僕が使っていて多い時は50%を超える月もありました!

『本業があるから時間が無い!
本業が不定休だから出来る時間が決まらない!
主婦だから家でやりたい!』
という悩みを持っている方でも大丈夫です♪

FXの自動取引ツールなら取引を24時間自動で
行ってくれるので時間を選ばず気軽に始める事ができます!

先にモニター参加してる方からも高評価をもらってます!

さらに!設置サポート付き!
基本的には使ってる限りサポートしてもらえます!

詳しくはこちらのページを確認してください^^無料モニター募集を開始!

☆よくある質問

『無料だから後で有料の出てくるんじゃないの?
無料なのに運営は儲かるの?』
という質問を、よくされます。

有料のツールあるの?
→もちろん有料のツールもあります!
でもそれは強制ではないので^^

無料で運営儲かる?
→ツールを使ってもらう事でアフィリエイトの報酬があります。
なので無料で問題ありません^^

むしろ

ダメなツール紹介してすぐ使わなくなってしまうと全く意味がないんです。
利益が出てずっと使ってもらえるからお互いがwinwinの関係になります♪

モニターへの参加は下記のLINEより受付しております!
フウゴでした!
プロフ
登録はこちらから

 

 

 

友だち追加

 


ここからは有料の案件になります。

毎月安定して10万円稼ぐ月利50%の超優良最強のEA!

2020年最強EA!運用開始から590万円稼いだFX自動売買ツール!☆運用開始から負け知らずの最強EA☆ ☆2018年から平均月利35%でトータル580万円超えの利益☆ 2020年8月の実績までを公開...

長期放置型のEAなので、安定性バツグン!

使う人が増えすぎてしまうと対策される懸念もありますので、この最強EAも限定公開となってます。

いかにこれが最強か、お試しあれ♪